スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『Slide 'n' Step』SOLO PROJECT PREMIUM SHOW CASE@SHIBUYA AX
行ってきました、慶太ソロのPREMIUM SHOW CASE。
前回の橘慶太名義のソロライブが超激戦だったので、
応募した当初は絶対に当たらないと思ってたから、
保険かけて全部MAXで予約したら全部当たるというびっくりな結果に。

私のモットーはその日のライブを思い切り楽しむ!なので、
しっかり楽しんできました。

第一部と第二部はライブ+トークあり。
という訳で、新生KEITAのお披露目。

セットリスト(一部、二部同じセットリスト)
01:Slide 'n' Step
02:Searchin'

トーク(アーティスト担当司会による)

Slide~の方は、もともと動画でちらっと聴いていた分で、
あまり苦労せずに覚えていけたんだけど、
曲じゃないと思ってた部分がまさかの曲の一部だったことにびっくり。
覚えやすいし、結構キャッチーよね。
ノリやすいし凄く好きです。

一部は幸運なことにかなり前の方で拝見したため、
最初の映像がドデカすぎて様子がイマイチ分からず・・・。
というか慶太の毛穴がばっちりー!な映像な上に、
多少なりとも前方効果なのかフィルターがちょっとついた目線で見ちゃった気がする。
とは言え、慶太の声は元に戻っていて、かなり良かったし安定していました。
ダンスもばっちり。元気な姿が何より私は安心したよ。
なぜあんなに激しく動いて声がブレないのか。
もはや慶太には愚問のような気がするけれども。
グルーヴ感っていうのかな、スマートにまとまっているのがすごく印象的でした。
慶太も言っていたけど、最近の流行りのダンスではなく、
ステップにこだわった、というだけあって180センチ以上のダンサーを引き連れた
ステップはかなりかっこよくてね。
皆脚長いから画になるのよね。
あ、あと左側の方から見ていたからか、頬がこけていて痩せたな~って。
(後でお友達がそのことを本人に言ったら「最近よく言われる」んだそうで。)

二部ではほぼ最後尾だったにも関わらず、すかすか状態のため(・・・)、
ドセンターをキープできて、余裕で全体を見渡すことができまして。
視界がないことを覚悟していたので、冷静にライブを観ることが出来ました。
ステージ照明と本人+ダンサーさん達の全体のバランスも見れたことがすごく良かった。

2曲目は初回盤Aのカップリングだそうで。
てっきりThiking of youを歌うもんだと思ってたから、なんてお得感!
すごく良かった。聴けば聴くほどのめりこみそうな曲ですね。
握手会やってるときにエンドレスで今回の2曲が流れてたのです。
それで2曲目を何度も聴いてたらいつの間にかハマりまくってるっていう。

トークはホーム感がたっぷりだそうでw
というのも、業界向けのお披露目のときには、幕があがった瞬間に
3秒くらいで帰りたくなったそうな。笑
アーティスト担当も苦笑いになるくらい、アウェイ感がハンパなかったそうです。笑
多少、w-inds.のサインライトを持ってきて振るあふぉーなファンもいましたが、
全体的には大知君の時のような平和がほんわかな空気の流れるイベントでした。
第二部はちょっと悪目立ちするファンが増えてたけど・・・。
まぁ全体的にみたら空気を読んでるファンの方が多かったですね。
これから先、ちゃんとアーティストの意図を汲んで盛り上がるといいなぁ。
なんかファンのせいで結局アイドルだろ、みたいな空気に持っていきたくないからねぇ。

トーク中は、慶太がかわいくてかわいくて。
やんちゃな感じやきゃっきゃするw-inds.と違って、大人の可愛さがあるというか。
いい歳の男にかわいいという表現が申し訳ないけど、
好青年すぎでしょ?!というくらいに好青年だった。
そして相変わらずアーティスト担当が盛り上げ上手(なのか素なのか)で
和みーー(´∀`)なイベントでした。

さて、これから先は握手会でのただのノロケ話です。
握手は計5回、自分のニヤニヤぐへへ用に書きますので、
読みたくない人はこの辺りで回れ右ですかね。





スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。