スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


その中でも 代わりのない 宝物があって
2009年大晦日。

こんなに感情が浮いたり沈んだりした年は、初めてかもしれないです。
嬉しいことがたくさんありすぎた。
でも、悲しいこともいっぱいありすぎた。

いつだってw-inds.のことを想う時間は長いけれど、
今年はこれまでの年よりおそらく長かったと思うし、
1人1人に対して嬉しい感情や悲しい感情を向けて想うことが、すごく深かった。
最後の最後まで。

私は、2009年があまりに濃すぎて、今年が終わるのが、
とてもつらくて、今年から離れたくない。
きっと、私がずっとこれから何年生きても、この2009年を忘れることはないでしょう。

結局最後の最後まで1年を全部振り返るには難しかったけれど、
毎月、L'Arcかw-inds.かレディオのメンバーに会ってたんだねぇ。
w-inds.のメンバーだけ見たら毎月1回は会ってた年だった。
1月と4月以外は、w-inds.としてずっと会えてた。
更に6月は、去年の12月ぶりに私にとって大きな大きな思い出を作ってくれた。

なんて幸せなファン人生だったんだろうと思う半面、
私にとって、自分と近い歳の人が亡くなるという経験を初めてして、
それが自分が大好きなバンドのメンバーだったのは、
私にとって、とてもとても悲しい出来事でした。
謙馬くんのこと、私は絶対忘れない。
忘れないから思い出さないというフレーズは本当だと思う。

そして8月、慶太が公演中に倒れて公演自体が中止になって、
慶太が大切にしている、命とも言える声が出ないと知ったとき、
どうしようも出来ない自分が歯がゆくて、無力だと知りました。
自分が病気だったわけじゃないけど凹んで、
とにかく慶太が元気で笑って戻ってきてくれることだけを願って。

そして、今年の最後の最後、千葉ちゃんが怪我をしてしまって。
思った以上に悪そうなのに笑ったりダンスしてる千葉ちゃんを見て
とにかく完治してくれることを願って。

今年はあの3人にとっても、かなり試練の年だったような気がします。
神様がいるいないはともかく、あまりに3人に試練を与えすぎでしょう。
厄年ってのは悪いことが起こりやすい歳にわざわざ気をつけろよってことで設定してるんだけど、
本当に3人にとって耐え忍ぶことが多い年だったような気がします。

未だに千葉ちゃんはどのくらいの怪我でどのくらい苦しんでるのか、
今日のCDTVはどんな状態なのか分からないのがとても心配。
頼りにしてる公式サイトがせっかくリニューアルしたんだから、
やっぱり何かのアクションがほしいよ。


激動の1年でした、本当に。

L'Arcがいて、w-inds.がいて、レディオがいて、
私が笑ったり泣いたり出来たのは本当にこのグループのお陰だと思うし、
大切な大切なお友達がいてくれたことが私にとって、どれだけ充実な1年を送れたか。
勝手なことばっかり嘆いて、ほぼhydeさんと慶太のことばっかり話してるこのブログに、
何度も足を運んでくれる方がいらっしゃったからこそ、
私は私でいられたんだと思います。
これまでの何年も、そしてこの1年間、ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします!!


2009/12/31
あいどるーむ こりん

関連記事


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://idoloyaji.blog14.fc2.com/tb.php/1187-e4173816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。