やれること何かも全部 やりきれば微笑む明日
千葉ちゃんの月末ブログを読んできました。

w-inds.の、窮地に立たされたときの根性ってハンパないね。
やっぱりプロなんだな、って思ってしまうよ。
怪我を防ぐのも勿論プロとしての努めだとは思うけれど、
でも、どうしようもないときのその時に発する3人のパワーってすごいね。

5日前にやっと松葉杖取れた、って。
歩くことが困難だった、って。
しかも立ってるのすら辛かった、って。
それなのに、この人ってばレコ大も年末のCDTVも、
ファンじゃなければ分からないほどまで踊ってたよ。
それでなくても怪我して凹んでるってのに笑ってたし。
痛そうな顔ひとつ見せずに。

凄すぎるね。
これ、慶太や龍ちゃんにも言えることなんだけど、
怪我してても怪我を感じさせないくらいに実力を発揮させるって
ホント、尊敬するよ。

道産子は踊ること、慶太は歌うこと、
3人とも仕事でもあり一番やめれらない趣味だからこそ、
これを制限されるって本当に辛かったと思うなぁ。

早く、千葉ちゃんが心の底からダンスが楽しい!
思う存分踊れてる!と感じてるダンスが観たいです。
その為にも、今はゆっくり休んで傷を癒して欲しい。
きちんと治して、リフレッシュしてまたダンスを見せて欲しいなぁ。
引き笑い聴きたいし。笑

月末ブログを読んだら、書かずにはいられませんでした。
w-inds.の、そのガッツに拍手。


関連記事


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://idoloyaji.blog14.fc2.com/tb.php/1203-f5721fbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)