見えるものは 僅かだけど
2011年3月11日。

忘れることなんて出来ない日。
1年目はみんな覚えてる。
2年目も、みんなが忘れずに祈る日であってほしい。

前を向くのも留まるのも、人それぞれだと思う。
それぞれの思いを抱いてまた明日から日々を重ねていけばいい。

あの日を境に考えることも多かったし、
今まで無駄にしていたであろう全てのものに対して、
自分を改めないといけないんだなと感じました。

普通であることが一番幸せなこと。
改めてそう感じさせてくれる日。
関連記事


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://idoloyaji.blog14.fc2.com/tb.php/1391-5704a171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)