信じることが 出来るから
今朝、と言っても、もう昨日になるけれど、
会社に行く前に突然慶太の歌う曲が聴きたいと思った。
w-inds.としてのKEITAの声ではなくって、
橘慶太という表記で出している、ソロの楽曲。

突然。
本当に突然聴きたくなったんです。
なんでだろうなー、と思ったんですが、
彼が、自分の言葉で歌い、それを世の中に出し始めたのは、
ちょうど今日だった。

気付けば、私が好きなアーティストのFCに入ると、
どうもソロをやり始める。
そう、L'Arcの時も入ってすぐだった。
L'ArcのFCに入ってから最初に言ったライブは、
hydeさんのソロのライブだった。
w-inds.の時も私が去年の夏に入って、
それからすぐに慶太のソロプロジェクトが始まった。
偶然だよと言われるだろうけど、何かの縁だと信じてる。

どちらの曲も好きです。
ソロになったって、嫌いになれないよ。
大好きだよ。

おめでとう、慶太。

デビュー、一周年だって。
これから、どの位お祝いできるんだろう。
願わくば、歌を嫌いにならないで欲しい。
好きで、歌い続けて欲しい。
慶太がソロで歌うとき、時々辛そうに歌っているから。
それが私には怖いから。
あなたの選んだ道は間違っちゃいない。
だから、ずっとこれからも笑って歌う姿を見ていきたい。

関連記事


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://idoloyaji.blog14.fc2.com/tb.php/649-0dcce327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)